災害危険エリアに暮らしている意識を 岩永 哲

ことしも全国的に豪雨による 甚大な災害が起きてしまいました. 気象庁が「令和2年7月豪雨」 と名付けた今回の豪雨...

readmore...

「大雨警戒レベル4」分かれた判断 岩永 哲

先週金曜の大雨で、全国初となる 「大雨警戒レベル4」の避難勧告が 発令された広島県。 ただ土砂災害警戒情報(レ...

readmore...

全国初の「警戒レベル4」で… 岩永 哲

ことしの大雨シーズンから運用が始まった 5段階の大雨警戒レベル。 けさの大雨に伴い、全国で初めて 広島県に「レ...

readmore...

知っておきたい「避難情報のレベル化」 岩永 哲

みなさんは「避難情報のレベル化」について 聞いたことがあるでしょうか。 災害時に市町村が出す 「避難勧告」や「...

readmore...

広島にとって”未曾有の豪雨”だったのか 岩永 哲

広島県内だけでも犠牲者が100人を超える 歴史的な災害となった今回の豪雨災害。 「これまでに経験のないような大雨...

readmore...

記録的な豪雨はなぜ起きたのか 岩永 哲

去年7月、九州北部豪雨の被災地を 土砂災害の専門家とともに取材しました。 そこで指摘があったのは、同様の災害...

readmore...

新スパコン導入で予報精度は上がるが… 岩永 哲

今月5日、日々の天気予報に関係する 大きな出来事がありました。 それが気象庁の天気予報に使う スーパーコンピュ...

readmore...

九州北部豪雨と中国地方との共通点 岩永 哲

甚大な災害となってしまった九州北部豪雨。 先日、土砂災害に詳しい広島大学大学院の 海堀正博教授(砂防学)とと...

readmore...

気象の予報・警報には限界がある 岩永 哲

ことしの大雨シーズンから大雨警報などの 気象情報が大きく変わったのをご存知でしょうか。 警報の発表はみなさん...

readmore...

“未曽有の豪雨”は決して他人事ではなく… 岩永 哲

今回、九州北部で起きた未曽有の集中豪雨。 気象庁も会見で“異常事態”という 表現をしていましたが、 普段から天気...

readmore...

広島市街地が広く水没…太田川の新たな洪水想定の意味とは 岩永 哲

おととい(19水)、国は太田川で洪水が起きた場合の 新たな浸水被害の想定を発表しました。 太田川の流域で考え...

readmore...

西日本で高まる地震リスク 岩永 哲

東日本大震災の発生から6年がたちますが、次に日本で巨大地震が起こる危険性が高いとされるのが西日本。「南海ト...

readmore...


TOP