乙藤亮平

今日は九州南部で梅雨入りしたとみられると発表がありました。
統計史上2番目の早さということで、
全国的にも梅雨のシーズンのスタートは早まりそうです。

広島県内のこの先の予報をみると、
雨マークは多いですが、
山陰地方では晴れ間もまだありそうです。

そのため、中国地方の梅雨入りの発表は、
週末か週明け辺りになる見込みです。
それでも、かなり早い梅雨入りとなりそうですので、
雨への備えは前倒しで進めるようにしていきましょう。


また、今年の梅雨のシーズンを前に、
気象の情報発信でもいろいろと変更点があります。
大きな変更は2点です。

一つは「避難指示」の一本化(避難勧告の廃止)。
二点目は線状降水帯に関する情報の発信が始まるということです。

簡潔な言葉で情報を発信することにより、
自分が避難すべきかの判断を下しやすくする狙いもあります。
線状降水帯の予測は現時点で課題はありますが、
気象情報が出た時点でかなりの危険が迫っていると考え、
避難行動へ結び付けていただきたいと思います。

そのために、私自身も情報発信の在り方については、
日々工夫しながら分かりやすくお伝えしていきたいと思います。



TOP