岸 真弓

先週後半から週末にかけては数年に一度の寒気が流れ込み、
山を中心にまとまった雪になりました。
山間部ではきょうは小康状態となりましたが、
まだ高野や八幡では1メートルを超える積雪になっています。

あす朝にかけては、今度は沿岸部でも雪が積もる恐れが出てきています。
四国沖を通る低気圧、南岸低気圧の影響で今回は南部でも雪が降りやすくなるでしょう。
量は少ないものの、降る時間が未明から朝にかけてと、気温が低い時間に当たるので、
少しの雪でも積もったり凍り付いたりする恐れがあります。
雪に慣れていない東部などでも降りますので注意が必要です。
連休明け、明日は少し早めに起きて余裕をもって出かけるようにしてください。


車の運転は慎重に。
徒歩の方も滑りにくい靴やリュックなどで、もし転んでも手を付けるようにしておきましょう。
日中は天気が持ち直してきて、きょうよりやや気温が上がる見込みです。

あさって以降は次第に寒さが緩み、
今週後半は平年を上回る暖かさになります。
積雪しているところは、雪崩が起きやすくなりますので注意が必要です。




TOP