岸 真弓

天気が持ち直し、今日は日差しに少しほっとできました。
昨日おとといは激しい雨が降った時間帯があり、大雨になりました。
県内はそれほど大きな被害こそなかったものの、大雨の怖さを思い出しました。
降り出しからの雨量は、県内各地で100ミリを超え、200ミリを超えた所も続出。
1番多かったのは広島市中区で320ミリ!なんと平年の7月ひと月分の120%!
南西部ほど雨量が多くなり、今年の梅雨1番の大雨になりました。


今日は一旦梅雨前線が下がって天気が回復しましたが、
あすからまた梅雨前線が北上、梅雨空が戻ります。
あすはやみ間があってもだんだん雨が降りやすくなる見込みです。
午後はしっかり降る時間帯も出てくるでしょう。


今年の梅雨はまだまだ終わりません。
この場に及んで、太平洋高気圧の強まりがやや弱くなっていて、
来週にかけても梅雨前線はウロウロ。
また大雨が降るタイミングがありそうです。
あさって金曜日から土曜日にかけても
また雨量がまとまる恐れがあります。油断できません。
土壌がしっかり乾かないうちに雨が降り続くことで、土砂災害の危険度も増します。
最新の予報の確認を忘れずお願いします。




TOP