岩永 哲

きょうは二十四節気の一つ「大暑」だそうです。
これから8月7日の立秋までのころが1年で最も暑い頃とされています。

中国地方では今週18(月)に梅雨明けが発表されました。
さぁ真夏の到来!という感じで、社内の一部の人たちからは
「梅雨が明けて厳しい暑さに…」、「厳しい暑さが続く」的な
原稿でいいか?といった声を聞くのですが…。

最近の暑さって、そんなに「厳しい暑さ」に感じますか?



昼間に日向にいると確かに日差しは強いので
うるさいセミの声と相まって暑いとは思います。

が、すべてのヤル気を奪ってしまうような
あの真夏の強烈な暑さとは違うと個人的には感じます。
真夏のむわっとした暑さはなく
日陰はわりと過ごしやすいですし、
夜中の寝苦しさはありません。



梅雨明け以降の天気図をみても夏本番の気配はありません。
東京に至ってはきょうの午後2時の気温は21℃台。
夏の高気圧はまだまだ本調子ではありません。




広島市中心部の気温変化をみても
7月に入ってすぐは台風1号の猛烈な発達により
夏の高気圧が一時的に強まり暑くなりましたが、
先週~今週は1日平均した気温はほぼ平年並み。
ことし、広島市中区ではまだ34℃台に達した日はありません。
今のところは別に暑さが厳しいわけではありません。


ただ、きのうに気象庁が発表した1か月予報では
中国地方は8月に入ってから夏の高気圧に覆われやすく
気温は平年並みか高めとなりそうな予想です。
この期間は年間で最も気温が高い時期なので
予想通りだと厳しい暑さとなる可能性があります。


早くも夏バテ気味…という方もいるかもしれませんが
暑さはまだまだこれからが本番。
体調管理にはご注意ください。



TOP