岩永 哲

きょう夕方の広島城の様子です。
まさに満開です。
きょうは一日青空が広がっり
広島城周辺では
一番のお花見日和だったかもしれません。


こちらはその広島城で
先週金曜日の3月19日に
咲き始めた花びらを見ると
花びらは白っぽい状態です。


つづいては同じ花びらの
1週間後(きょう夕方)の様子です。
中心付近が紅くなっています。
こうなるとそろそろ
花が散るサインです。
受粉して役目を終えた
花びらが散っていく過程で
中心部が紅くなります。




あさって日曜日は
特に午前中は本降りの雨となりそう。
沿岸部中心に
少し風も吹きそうなので。
早めに見頃を迎えた場所では
雨や風で散ってしまう花びらも
出てきそうです。


さておととい気象庁は
4月~6月の長期予報を
発表しました。

気温は4~6月全体を通じて
平年並みか高めの予想。
そして少々気になるのが
6月の降水量が
平年より多くなる可能性が
高めとなっている点です。


平年の6月に比べて
太平洋高気圧が西に張り出し
上空の風がやや北よりに位置する
などが予想されていて
西日本に温かく湿った空気が
流れ込みやすくなる可能性が
あるためです。
6月でも梅雨後半のように
暖かく湿った空気が入って
大雨となる可能性もあります。

来週からはもう4月。
そろそろ大雨シーズンに向けて
考え始めたい時期に入ってきます。

ことしは梅雨の季節までに
新たな大雨情報や
避難情報の変更など
色々と変更点が出てくる予定です。
(線状降水帯に関する情報や
 避難勧告の廃止など)

また番組やこのブログなどでも
随時お伝えしていきたいと思います。



TOP