岩永 哲


きょう気象庁から
「7月の天候」についての
まとめが発表されました。

7月の天候(気象庁)

活発な梅雨前線の影響で
西日本や東日本を中心に
長期間にわたって大雨が続き、
1946年の統計開始以降、
雨が最も多かったり
日照時間が少かったりする記録を
更新した地点も多くなりました。
また1か月の平均気温は
西日本ではかなり低くなりました。

当初の梅雨明けが早く
その後は暑くなるとの予想は
見事に外れた形です。




ことしの7月に
長期間の大雨が続いた原因は
先週、気象庁が発表した
「令和2年7月豪雨」の報告にも
分析結果が速報で載せられています。
詳しくはそちらもご参照ください。

「令和2年7月豪雨」の特徴と関連する大気の流れについて(速報)(気象庁)



ここからは広島県内に関する
観測データーを
もう少し詳しく見ていきます。

広島市中区では7月の
月間雨量は768.5ミリ。

これは平年の7月に降る雨量の
実に3倍
にあたります。
7月のうち1ミリ以上の雨が
観測された日数は20日。
1ミリ未満の
パラっと降った場合まで広げると
31日あるうち26日にも及びました。

月間に降った768.5ミリは
これまで最も多かった
645.5ミリ(1993年6月)を
大きく上回り
記録が残る1879年以降で
最も雨の多い月
となりました。
ちなみにこの1993年は
記録的な冷夏となり
平成の米騒動が起こった年です。

また、福山における7月の
日照時間の合計は97.2時間で
7月平年の半分以下(49%)。
1942年以降では最も少ない記録です。



ことしは梅雨全体を通しても
記録的な多雨となりました。
こちらは県内のアメダス観測点の
梅雨期間全体(6/10~7/29)の
総雨量を示したものです。
県の西部を中心に特に多く
総雨量が1000ミリ超の地点も
相次いでいます。

広島県内の梅雨の総雨量(平年比)

内黒山  1175.0ミリ(213%)
津田   1126.0ミリ(204%)
広島中区 1114.0ミリ(243%)
三入   1030.0ミリ(207%)
志和   1020.0ミリ(223%)
大竹    923.5ミリ(190%)
庄原    872.0ミリ(212%)
呉     743.5ミリ(182%)
福山    557.5ミリ(175%)

 
 







広島市中区では
1114ミリ
達しました。
梅雨入り・梅雨明けが
発表されるようになった
1951年以降では
梅雨あけの発表がなかった
1993年と2009年を除き
初めて梅雨の総雨量が
1000ミリを上回っています。

では、中国地方で
梅雨明けの発表がなかった
1993年と2009年は
どうだったのでしょうか。

気象庁は立秋(8/7頃)までに
梅雨明けがはっきりしない場合、
特定せずに
梅雨明けを発表しません。
この2つの年について
梅雨入りから立秋までの
雨量は以下の通りです。

2009年 781ミリ(6/3~8/7)
1993年 1144.5ミリ(5/31~8/7)

こう見ると1993年も記録的に
雨が多かったことがわかります。
この年は立秋以降は天候不順が続き
記録的な冷夏・多雨・日照不足となり
平成の米騒動へとつながりました。



この先の中長期の予報を見ると
ことしに関しては
これからは夏らしい暑さが予想され
むしろ平年より気温が高めの
猛暑となることが見込まれています。


これまでは大雨への
注意が続いてきましたが、
これからは熱中症に対して
くれぐれもご注意ください。

2週間気温予報(気象庁)
1か月予報(気象庁)







TOP