岩永 哲


きょうの広島県内は19ある観測点のうち
5地点で30℃以上の真夏日となるなど
7月並みの暑さとなった所が多くなりました。
ただ土日はもう一段、気温が上昇する見込みです。
より広い範囲で真夏日となり、
内陸の一部では34℃前後まで上がり
5月としては異例な暑さとなるおそれがあります。



この暑さは月曜にかけて全国的に続きます。
特に北日本では平年より10℃以上も高い、
5月としては記録的な暑さとなり
北海道や東北の一部では
35℃以上の猛暑日が予想されてます。



なぜ記録的な暑さになっているのでしょうか
その一つのカギが上空の偏西風の大きな蛇行と
日本の東にある動きの遅い強い高気圧です。
今週はじめの月曜に広島でも一時、強い雨が降り、
翌日の火曜は東日本で大雨となりましたが、
これも偏西風の蛇行や日本の東の高気圧によって
暖湿な空気が強く流れこむ状況が作られたため。

その後は、晴天が続いているのは、
日本の東の高気圧の動きが遅く
天気変化が鈍くなっています。
こうなると東シナ海の高気圧の縁をまわって
南から南から暖かい空気が流れ込み、
さらに中国大陸で熱せられ高温に。
週末は偏西風の大きな蛇行が徐々に解消され、
大陸で高温となった空気が
週明けにかけて日本にやってくる予想です。



北海道や東北で猛暑日が予想されているのは
この熱い空気が
北日本を中心に流れ込む予想のためです。




まだ体が暑さに慣れていない時期に
5月としては記録的な暑さとなります。
この土日は運動会という学校も多いかもしれません。
湿度は低いのでカラッとした暑さですが、
運動会や屋外の作業では
熱中症や強い紫外線には十分に注意してください。

また晴れて、風が弱く、高温になると
きのう・きょうも県内の一部では
光化学オキシダント注意報が発令されましたが、
目やのどの調子が悪いと感じた場合は
屋外での活動を控えるなどご注意ください。

この土日はくれぐれも無理はしないようにどうぞ。

光化学オキシダント発令情報など:広島県大気情報ポータルサイド






TOP