ゴールデンウイークはどう過ごされましたか?
広島の方はフラワーフェスティバルに行かれた方も多いと思う。


暖かくなって外にでる機会も多くなる。スポーツをするのにもいい季節だ。最近コマーシャルでもオリンピックのアスリートが出ていることがあるがパラリンピックの選手の活躍している画像も流れる。


昨年8月に、東京オリンピックに出場するひとを発掘する為の「東京都障害者スポーツ選手発掘事業」というものがあった。去年の時点で小学校5年生以上のかた、東京在住、勤務、在学の方。
陸上競技、車椅子フェンシング、テニス、トライアスロンなどなど15競技が募集されていた。
パラリンピック競技がどんなものがあるか知ってもらい体験できること、それがそのイベントの主旨だった。


この募集があったとき障害を持った人だけれど、アスリートと今呼ばれていない、オリンピックに出るなんて夢にも思ってない人がもしかしたら、東京オリンピックの花形になっているかもしれないなあ、そう思った。募集している人も眠っている卵を探すことは真剣だ。


ボクだって青春時代にオリンピックを目指した人間だ。障害者になった今もそれには興味がある。どんなものか、電話で聞いてもらった。「経験が無くてもいいんです、けれどパラリンピックの選手育成が目的ですから・・・・」「・・・」の部分が多くを語っていた。


あたりまえのはなしだ。誰でもいいけど、誰でも良くない。
あのイベントで1人でも素質のある人がみつかってくれたらいいなあと思っている。


例えば、小学5年生のアーチェリー未経験者が素質を見込まれて育成され東京パラリンピックに出場できたなら、他の障害を持った子どもたちの希望となることは間違いない。


オリンピックって言うのはこれからの人の夢や目標となるべきだ。鍛えられて特別の人しか出られないと思っていた世界一を決める祭典でそんなシンデレラみたいなことがあったら、さらに障害を持った子どもがイベントに参加したことで道が開けたら、そう想像するだけでうれしくなる。ぜひその後の話を取材したいと思っている。


タグ:パラリンピック オリンピック 車いす 障害 挑戦 スポーツ