コロナ自粛あけ初めての外出。ボクは79日ぶりの外出だった。

広島の中・高校から広島の浪人中の予備校も大学も一緒の友人が、昨年世界一周の旅をした報告会だ。

このコロナ騒ぎで会場も変更になったし開催も危ぶまれた。当日だってソーシャルディスタンス、消毒に検温、マウントディスプレーを触るための手袋などなど細心の注意を払っての開催となった。
 

なぜ、彼が世界一周を思い立ったかというと、彼がフランスにテニスの大会を見に行こうと思い立ったことが発端だという。試合の2ヶ月前に奮発してビジネスクラスで行こうと思ったら60万円オーバー。

いくつもの会社を経営している彼だけど、今まで「頭の電卓ではじくと時給1万円以上だ、贅沢だよな、エコノミーで十分」そう思っていたそうだ。けれど、もう会社を引退しようとしている今、ビジネスクラスくらいの贅沢もいいだろうと調べ始めた。

往復で60万円は高すぎるよなあ・・・そんなことを調べていたら「世界一周のチケット」を発見したそうだ。エコノミークラスで世界一周36万円弱、ビジネスクラス約70万円、ファーストクラスでも約115万円(各クラスとも税、燃料サーチャージ別、29.000マイル以内)。

昨年の夏、すでにファーストクラスでの世界一周の旅を決めていた彼が「世界一周チケット知ってた?」そう聞いた。「ああ使ったことあるよ、ロンドンからニューヨークにいくバブルな時代の出張に」たしか、同一方向に日本を出発してぐるっと一周ストップオーバー15回以内で日本に帰ってくるという行程で成立するんだったっけ?
ボクは成田からロンドン→ニューヨーク→日本という行程だったが、そのチケットで、アジアやヨーロッパ、ハワイに寄ってもいいよ、なんていわれていたのを思い出した。ふつうにビジネスクラスでチケット取るより世界一周チケットのほうがずいぶんお得だと聞いた。
「ああ、それだな」と彼の話を聞いて思い出した。

彼はボクなんかよりずっとずっと旅慣れている。海外旅行が流行り始めた大学のころ、それこそ世界に放浪の旅に出かけたような奴だ。南米にも何十回もいっている彼だがマイレージもまったくやってなかったらしい。

ボクなんてしっかり広島往復や取材で年間100フライトなんてざらだったから、マイレージが使い切れないぐらい。毎年2回家族でハワイまで飛んでさらに海外の出張のアップグレードで使わせてもらった。そんなマイレージまみれな時期もあった。


まあ、彼にとって今までそんなことには興味もなくもっと面白いことをどんどんやっていた時代だったのだろう。
でも、今回60万円の往復ビジネスが高いよなあと思っていた彼がファーストクラスで世界一周するところがいかにも彼らしい。

世界一周をした話を聞きたいという要望が多く今回の報告会の開催となったという。聞きにきているのは40歳、50歳前後のご婦人が多かったかな。しかも熱心だ。質問も飛ぶ。

コロナも落ち着いたら世界一周チケットを使った旅がご婦人の中でトレンドになるのかもしれない。そんなことを思った報告会であった。



タグ:友人・知人 旅行 時事