POST:岩永 哲



こちらはきょうの佛通寺(三原市)の様子です。
紅葉が見ごろを迎えています。
けさは朝の寒さも戻って
中国山地の標高の高い所では
氷点下を記録した地点もありました。
一方、昼間は加計で20℃を超えたほか、
多くで18~19℃程度まで上がり
穏やかな秋晴れとなりました。

ただ、あす以降は季節が段階的に進んでいき
来週半ば以降は冬を体感する寒さとなります。




その幕開けを告げるのが
今夜遅く~あす未明の一時的な雨。
21時半現在、細い雨雲の帯が
県内にも入りつつありますが、
寒冷前線通過に伴うものです。



その後、低気圧は発達しながら東進して
あす土曜は冬型の気圧配置へ。
北日本では等圧線が混んで荒れた天気となりそう。

またあすは中国地方にも寒気が南下。
上空1500メートル付近で
0℃のラインがかかってくる予想。
あす土曜は晴れ間はありますが雲は多めで
冷たい北よりの風も少々吹きそう。
そして土日とも昼間の気温は
きょうほど暖かさはなく
特に内陸は気温の上がりはにぶめです。



さらに気象台からは
こんな情報が発表になっています。
「低温」「雪の降り方」に関する
注意情報です。

中国地方では来週15(水)以降の1週間は
平年に比べて気温がかなり低く
また山陰では雪の降る量が多くなる
可能性が高めというものです。

大雪というとドキッとするかもしれませんが、
真冬の時期の大雪と同じ意味ではなく
11月半ばとしては多くなることを示しています。
今の時期に降る雪の量の平年値は数センチ程度。
ですので真冬のような大雪はないですが、
標高の高い山地では多少雪が積もる所が
出てくる可能性はあります。





寒気の南下の予想をみると、
来週水曜以降は今週末より強い寒気が
入ってくる予想です。
平地でも雪となる目安である
上空1500メートル付近で
-6℃のラインが山陰沿岸まで近づきます。

来週水曜日は南部(広島市中区)でも
最高気温が11℃の予想。
北部(庄原市)ではマークだけ見ると
「曇り一時雨」に見えますが
予報文を見ると「曇り一時雨か雪」となっています。
北部・内陸は平地でも雪が交じり
初雪となるかもしれません。
また中国山地の標高の高い所は雪となり
場合によって多少積もるおそれがあります。

水曜以降に山陰方面へ出かけるために
車で中国山地を越える予定のある方は
冬用タイヤに変えたほうがいいかもしれません。





こうした日本付近の冬の寒さを
大きく左右するポイント
の一つに
「北極振動(AO)」があります。

北極と日本付近を含む中緯度の気圧が
相反して変化する関係のことで、
このAOの度合いを示す指数によって
 ・プラス(気圧差が大きい)
    ⇒日本付近は暖かい
 ・マイナス(気圧差が小さい)
    ⇒偏西風が蛇行して日本付近に
     寒気が流れ込みやすく寒くなる
といった関係があります。

こうした相関関係は
テレコネクションと呼ばれ、
天気の世界ではエルニーニョが
有名かもしれません。

来週以降、このAO指数が
大きくマイナスとなる予想です。
このため日本付近には
寒気が流れ込みやすくなる見込みとなっています。




来週半ば以降の寒気について
一部の気象キャスターは「冬将軍」と
表現している人もいますが、
レベル的に言えば将軍というほどの
強さはありません。

冬でいえば大したことないレベルですが、
1月のころと比べて海水温が
まだかなり高い11月半ばにやってくるのが
一つの注意点です。

さほどの強さの寒気ではなくても
海水温との気温差は大きいため
雨や雪を降らせる雲を
多く生み出す可能性があります。

特に広島県内でも標高の高い場所では
思いがけず降る雪の量がまとまる可能性も
ないとは言えないので、
実際の雪の降り方にはご注意ください。