POST:岩永 哲


きょう19日(金)昼間の中国地方は
瀬戸内側と山陰地方で気温の差がとても大きい一日に。
広島や岡山の沿岸部では
20℃を大きく超えて少々汗ばむ陽気でしたが
山陰では昼間でも多くが12℃台。
庄原市高野では昼間でも一ケタの寒さでした。



ちょうど日本海側には前線の雲がかかり日差しがなく
また山陰の下層には高気圧の縁をまわる
冷たい風が吹き込んでいたために気温が上がりませんでした。
広島市など瀬戸内側から山陰に行った方は
とても寒く感じたかもしれません。


「10連休の天気傾向は?」の続きを読む