POST:岩永 哲

今回、九州北部で起きた未曽有の集中豪雨。
気象庁も会見で“異常事態”という
表現をしていましたが、
普段から天気について関わっている自分にとっても
今回観測された値はただただ目を疑うような値です。
被害の詳細はまだ明らかになっていませんが、
どのような雨だったのか
過去に広島であった豪雨との比較などを通して
考えてみたいと思います。




今回、九州北部に大雨をもたらしたのが線状降水帯。
広島の方にとっては3年前の8・20豪雨災害でも
繰り返し出てきた言葉なので
なじみがあるかもしれません。
レーダー画像を見ればわかるように
猛烈な雨を降らせるエリアが線状に延び、
同じようなところにかかりつづけるものです。
福岡県朝倉市にあるアメダス観測点では
24時間雨量で500ミリ以上を記録していますが、
この雨量のほとんどは
きのう午後の10時間程度の間で達したものです。




「“未曽有の豪雨”は決して他人事ではなく…」の続きを読む

 POST:岸 真弓

今日は天気は小康状態でしたが、明日は再び雨の降り方に注意が必要です!
また梅雨前線が北上してくる見込みです。



あすは雨が降ったりやんだりで、明け方から昼過ぎにかけては
激しく降るところがあるでしょう。雷を伴うところもあり、
突風にも注意が必要です。
この先も週明けまでは、梅雨前線の影響を受けやすく、
気が抜けない天気が続きそうです。