こんにちは。
RCC人事部です。

さて、昨日に続いて、当社の掲げる経営の基本方針「3つの約束」のふたつ目
「コミュニケーション放送局」についてお伝えします。

「放送」という字は「送りっ放し」と書きますよね。

放送の本来の意味は、情報を電波に乗せて「送り放つ」ということですが、、
私たちは、放送活動はやはり「一方通行」であってはならないと考えています。

放送を観てくださる方、聴いてくださる方の声をしっかり受け止めて、
日々の放送に活かすこと。
その約束が「コミュニケーション放送局」なのです。

もちろん、「コミュニケーション放送局」の理念は、放送活動に限りません。
RCCが主催するイベントについても、Webサイトの展開についても同様です。

RCCには、社外からは見えませんが、毎日のように会社に寄せていただく
お褒めの言葉、お叱りの言葉を全員やスタッフが確認できる掲示板に掲載しています。

たくさんの声を受け止めて、明日につなげる。
私たちは、広島になくてはならない放送局でありつづけるために、
広島に暮らすみなさん、広島と縁のあるみなさんとのホットな関係を
大切にしたいと思っています。


おはようございます。
RCC人事部です。

さて、今日お伝えしたいテーマは、
当社の掲げる経営の基本方針「3つの約束」のひとつ、「ひろしま応援団」です。

昨日もお伝えしたように、RCCは地域になくてはならない放送局であり続けるために、
3つの約束を掲げています。
「ひろしま応援団」は、そのひとつです。

これは、テレビ、ラジオ、催事、Web、コンテンツなど、RCCが関わる
あらゆる側面で、広島に住む方、広島に縁のある方を応援します・・・という約束です。

プロアマ問わず、頑張る方々を応援したい。
テレビやラジオの放送だけでなく、インターネット中継もまじえて
さまざまな情報を積極的にお伝えするのは、そうした理由です。

イベントについても「ひろしま応援団」の考えは変わりません。
春のフラワーフェスティバルや、秋のフードフェスティバルは
中国放送の主催行事のひとつです。
イベントにお越しになる多くの方の笑顔を見ると、
応援団であるはずの私たちが、かえってパワーをいただくことも。

もちろん、広島を持ち上げることばかりが「応援」ではありません。
報道活動を通して、社会の矛盾や問題に焦点を当てることも、
明日の広島を住みよい町にするという意味では
「ひろしま応援団」の活動と言えるのかもしれません。

テレビを通して、ラジオを通して、インターネットを通じて、
イベントを通して、コンテンツを通じて、広島を元気に!
中国放送は、その役に立ちたいと願っています。

「ひろしま応援団」は、そんな「約束」なのです。


ずいぶん暖かくなりました。
みなさん体調はいかがですか?

何度か合同会社説明会に参加させていただきましたが、
回数も参加エリアも限られているために、直接みなさんに
私たちの想いを伝えきれていないのが実情です。

その分、このブログの中で、できるかぎり説明したいと考えています。
どうぞよろしくお願いします。

エントリーや、採用試験に臨んでいただくうえでの「ヒント」も
お伝えしますので、こまめにブログをチェックしていただけると嬉しいです。


image

さて。
タイトルの「3つの約束」
これは、RCCが放送局として掲げる「経営の基本方針」です。

これこそが、中国放送が地域に必要とされる放送局としてあり続けるために、
最も大切に考えていること
です。

「ひろしま応援団」
「コミュニケーション放送局」
「情報の地方分権」


以上が、RCCの3つの約束です。

この3つの言葉に込めた想いに共感してくださる方に、
私たちは共に働く仲間となっていただきたいと考えています。

では、この「3つの約束」のひとつひとつにはどんな意味があるのか・・・
続きは次回!


おはようございます。
RCCの人事部です。

合同企業説明会でもお伝えしましたが、
「RCCの強みって何ですか?」と訊ねられた時、
最初にお話しするのが、こちらの言葉。
「広島県の民放で唯一の『ラジオ・テレビ兼営局』です」

ラジオとテレビ、その両方があって「中国放送」なのです。
それぞれのメディアを視聴してくださる方のライフスタイルはさまざま。
そして、
テレビには、映像の持つパワーがあります。
ラジオには、人の心に深く刺さる浸透力があります。


ラジオ局でもあり、テレビ局でもあり。
ラジオとテレビが協力し合い、地域の情報を発信し続けることができる
2つの顔を持つ「放送局」なのです。

そしてもうひとつ。
広島の民放で最も歴史のある放送局であること。
1952年に誕生し、今年で創立65年を迎えます。
資料庫に納められた膨大な映像や音声は会社の宝です。
その蓄積をもとに、厚みのある放送を心がけています。

発信力と、伝統
この2つがRCCの強みです。


おはようございます!
RCC人事部です。

2018年採用のエントリーシート応募締切、3月22日(水)まで
早いもので、あと10日となりました。
すでに、エントリーシートが届きはじめています。
本当にありがとうございます!

内容はもちろんですが、そのエントリーシートで大事な点は、
「指定された事項が守られているか」です。

簡単にいいますと、
「応募にあたり、募集要項に指定されている事をしっかり守っているか」
ということです。

 記入漏れはないか?
 指定どおりの写真をちゃんと貼ってあるか?
 締切には間に合っているか?
 折り曲げずに送っているか?

・・・などなどです。

でも、なかでも大事なのは「締切が守られているか」です。
放送には、特に厳しい締切があります。
たった1秒、間に合わないだけで、放送ができないこともあります。
また、放送時間内におさまるように番組を作るなど、時間や締切に対して
厳しくないといけません。

放送の仕事は、ひとりでは何もできません。
自分ひとりの作業が遅れるだけで、その後に続く作業に大きな影響が出ます。
最悪のケースでは、放送事故に至ってしまいます。

当然、時間以外でも、放送に関わるルールなど
「決められたことをしっかり守る」
という姿勢は、放送マンにとって、必要不可欠の資質ですね。
いわば、エントリーシートも、放送の仕事と同じです。

決められたフォーマットの中で、思う存分、自分自身を表現してください。
私たちは、それをしっかりと、受け止めさせていただきたいと思っています。
今回は、ちょっと、説教臭い内容になってしまいましたね。
ごめんなさい。

3月22日(水)が応募締切です。
今年は、3月18日~20日が3連休ですので、ご注意くださいね。
みなさんのエントリーをお待ちしています!


おはようございます!
RCC人事部です。

三寒四温とはよく言ったもので、
汗ばむほど暖かかったり、雪がちらつくほど寒かったり。
体調を崩されないよう、気を付けてくださいね。

さて、今日は、よくいただく質問についてお知らせします。

■質問:一般業務でWebエントリーをしました。
    アナウンス業務に変更したいのですが、可能ですか?

答えは、
もちろん大丈夫です。
Webエントリーした後に、じっくり自分の人生を考えているうちに
想いが変わった、、、という方、毎年いらっしゃいます。

Webエントリーと、エントリーシートで、希望業務や連絡先など
記載事項が異なる場合、エントリーシートの方を優先します。


エントリーシートは「一般業務」「アナウンス業務」「技術業務」と
それぞれ異なります
ので、ご提出時には間違えないよう、しっかり
確認したうえで応募してくださいね。

締切は3月22日(水)です。
よろしくお願いします!


おはようございます。
RCC人事部です。

つづいて、エントリーシートの書き方についてお知らせします。
当社のエントリーシートは、応募業務ごとに異なります。
併願はできませんので、よくよく考えたうえで選んでくださいね。

■一般業務 
■アナウンス業務 
■技術業務
     と3種類あります。

エントリーシートは、
アンケート分を除いて、一般業務と技術業務はA4・4枚で、
アナウンス業務はA4・5枚 です。

「多っ!」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、、、
みなさんのことをできる限り、たくさん教えていただきたいのです!

私たち採用担当としましては、
エントリーしていただいた方すべてに、直接お会いしたいのが本心です。

しかし、会場や日程、面接員の体制などを考えると、
実際のところ全員にお会いするのは困難です。
そこで、書類選考をさせていただくことになるのですが、
このエントリーシートを熟読することで、みなさんの想いや行動などを、
しっかり拝見したいと考えています。
「紙の面接」と私たちは読んでいます。

思っていること、考えていること、これまで取り組んできたこと、
いろんなことを私たちに教えてください。

採用活動をしていると、残念ながら、就活本を参考にしたような
エントリーシートがたくさん送られてきます。
1枚1枚は丁寧にしっかり書いていただいていても、エントリーシートが
たくさん集まると、なんとなくそっくり・・・ということが少なくありません。

ぜひ、「借りてきた言葉」ではなく、あなた自身の声を、
エントリーシートにぶつけて欲しいと思います。
いつもどおりの、素顔のあなたを見せてください。
どうぞ、よろしくお願いします。

応募締切は、3月22日(水)です。
エントリーシート、お待ちしています!


おはようございます。
RCC人事部です。

今日も、エントリーシートについてお伝えします。

エントリーシートに
「自分らしい写真を1枚貼りつけ、余白にその説明を書いてください」
という設問があります。
その「自分らしい」写真について、よく皆さんから質問があるので、
まとめてお答えしますね。

(Q) 写真はいつ撮影したものでも構いませんか?
(A) はい。いつの写真でも構いません。
    ただ、あまりにも幼いころの写真では、今のご自身は「自分らしくない」と
    見えてしまうかもしれませんね。

(Q) 「これだ!」という写真はあるのですが、
    私にとって、たった1枚しかない大切な写真です。
    返却していただけますか?
(A) 応募書類はご返却できません。
    くれぐれも、貴重な写真は貼り付けないでください。

    貴重な写真を使いたい場合は、デジカメなどで接写して、
    自宅のパソコンなどでプリントアウトしたものを、
    適当な大きさに切って貼り付けてください。
    プリントアウトする紙は、写真専用紙である必要はありません。
    普通紙に印刷したもので構いません。
    写真の画質で選考結果が変わることはありません。

(Q) 1人で写った写真がありません。
    他の人と一緒に写った写真でも構いませんか?
(A) もちろん構いません。
    ただ、一緒に写っている人の方が目立っていると、
    逆効果かもしれませんね。
    あと、「サークル活動をしている時が一番自分らしい」と、
    集合写真を貼り付ける方もいらっしゃるのですが、
    パッと見て 「この方が応募者だ」 と、説明文を見なくても
    分かる写真が貼ってある方がいいですね。

(Q) 写真うつりに自信がないのですが・・・
(A) どうぞ、お気になさらずに。
    ここの設問でのポイントは、写真を通してご自身を語ることです。
    写真に関するエピソードや、その写真の背景にある「なにか」を
    教えてください。

(Q) 写真を何枚もコラージュしても構いませんか?
(A) 設問には、自分らしい写真を 「1枚」 と しています。
    どの写真を選択するかもセンスを見るポイントだとお考えください。
    ご自身が 「キラッ!」 と光る、あなたのベストを選んでください。

きっと、週末にエントリーシートを仕上げて、
送ってくださる方、たくさんいらっしゃると思います。
すこしでも参考になりますように。

応募締切は、3月22日(水)必着です。
みなさんの熱い想いがつまったエントリーシート、楽しみにお待ちしています!


カレンダー

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30