新着記事

おはようございます。
RCC人事部です。

RCCの2018年採用は、3月22日をもって受付を終了いたしました。
多くの方々からたくさんのご応募をいただき、
会社の未来に期待を寄せていただける嬉しさと同時に、
みなさんの想いと向き合う緊張感を噛みしめています。
本当にありがとうございました。

応募者数が多かったことから、書類選考も厳しくなりそうです。
書類選考では、お1人おひとり、1枚1枚に時間をかけて
しっかりと向き合ってまいります。

書類選考の結果につきましては、
リクナビのマイページで応募者全員にお伝えします。
4月上旬には結果発表を予定しています。
書類選考結果をリリースしましたら、
この人事部ブログや、採用twitter採用Facebookなどで
お知らせいたしますので、チェックしておいてくださいね。

あらためまして、
このたびはご応募いただき、本当にありがとうございました!


おはようございます。
RCC 人事部です。

たくさんのエントリーシートが届いています!
RCCで働くことに興味を持ってくださったみなさま、
本当にありがとうございます。

締切は今日 3月22日(水)です。
日付が変わるまで受け付けます。
やむを得ない理由で当社まで持参してくださる方は、
日中は正面玄関の受付で、夜間は通用口の守衛室でお預かりいたします。
くれぐれも車の往来などにご注意ください。

なお、提出方法は、結果には一切影響いたしません。
「直接 提出した方が熱意が伝わったのでは・・・」と不安に思われた方、
すべて同等に扱いますので、ご安心くださいね。

緊張しつつ、エントリーシートが届くのをお待ちしています。


おはようございます。
RCC人事部です。

「中国放送」と「RCC」が違う会社だと思ってました、
という声を聞いたことがあります。

たしかに・・・分かりにくいかも・・・。

どうして「RCC」なのか。
答えは、会社設立時にまで遡ります。

RCCは1952年(昭和27年)に、
「株式会社ラジオ中国」という社名で開局しました。
英文社名は「Radio Chugoku Company」。
その頭文字をとって、RCCとなったというわけです。

開局から7年後の1959年にはテレビ放送もスタートし、
ラジオ・テレビ兼営局となりました。

ちなみに、テレビ放送が始まった当時の社名も「ラジオ中国」でしたから、
テレビの方は、「ラジオ中国テレビジョン」と呼ばれていました。

テレビ放送が始まって8年後、1967年に今の「株式会社 中国放送」に改称したのですが、
略称は広島県民に親しまれていた 「RCC」 を受け継ぐことになり、
今に続いています。

2018年採用のエントリー受付は
あす3月22日(水)です。
ご応募をお待ちしております!


image

image

おはようございます。
RCC人事部です。

経営の基本方針「3つの約束」に加えて、
RCCでは、「ブランドスローガン」を掲げています。
それが、「広島家族。」です。
2012年、開局60年を機に発表したものです。

このブランドスローガンは、開局60年以降に取り組んでいく
あらゆる企業活動を支える土台であり、
RCCの、地域への、人々への揺るぎない"思い"を表す
「合言葉」「旗印」
として考えられた言葉です。

ブランドスローガン「広島家族。」は、
RCCのさまざまな活動がもたらす地域・人のつながりを、
「核家族としての家族」ではなく、「ひとつの大きな家族」として捉える。
広島県を、そこに暮らす人々を、一つの「広島という家族」のようにつなげていく。
そんな決意をこめた言葉です。

RCCもその家族の一員であること、
そして、RCCに集う社員も、もちろん家族と考えること。
「広島は、私たちは、一つの家族だ」と思えるような広島に育てることができれば、
地域の人や、仲間が感じる不安はきっと解消できるはず。
広島の一軒一軒の、そして一人ひとりの「ぬくもり」「きずな」
大切にしたいとの思いを4文字で表現しています。

家族だからできること。
一緒に、考えませんか?
2018年採用の応募締め切りは3月22日(水)です。
お待ちしております!


カレンダー

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31